平安時代の荘園「木田庄」から江戸時代の「木田地方」

明治時代の「木田村」につながる古い郷名『木田』

「木田遺跡」

 木田地区には、弥生時代から人々が生活していた跡があります。木田遺跡は、昭和45年、木田町の畑から土器が見つかったことから発掘調査され、弥生時代の終わりから古墳時代初めの集落遺跡であることがわかりました。竪穴式住居で家族が暮らし、稲作を中心とした農業を営んでいた様子が、出土した鍬(くわ)や装飾品の勾玉(まがたま)から想像されます。遺跡は市街化で破壊されないよう「新木田公園(にんじん公園)」の下に保存されています。

きだよりのページを見る(PDF)

奈良興福寺の荘園「木田庄」

 木田地区は、足羽川が運んできた土砂が堆積してできた平野が広がり、奈良時代には水田がつくられ古代律令制の下で農村が営まれていました。そして、平安時代から室町時代前期まで、奈良興福寺領の荘園「木田庄」という名が使われるようになります。木田庄は、現在の木田地区から足羽山や八幡山の東麓までを含み、西木田のあたりが中心であったと考えられています。荘園は社寺や貴族の私有地で、現在の運動公園一帯の道守荘、文殊山北麓の糞置荘があります。

きだよりのページを見る(PDF)

戦国時代の足羽三カ庄

 戦国時代になると、越前は戦国大名朝倉氏の支配下となり、足羽北庄内の北庄、社荘に属していた石場、木田庄内の木田の3集落が、北陸道(北国街道)と足羽川が交わる北庄大橋(後の柴田勝家がかけた半石半木の九十九橋)を挟んで「足羽三カ庄」と呼ばれました。戦国期からすでに、北陸道の陸上交通と足羽川の河川交通が交わるこの地に町場が形成されていたのです。朝倉氏をはじめ歴代国主と深い関係をもった有力商人橘家など、この橋によって利益を受けた商人たちが活躍していました。

きだよりのページを見る(PDF)

江戸時代の「木田地方(ぢかた)」

 朝倉氏の滅亡後、織田信長は一向一揆を平定した柴田勝家を北庄城主とします。しかし、その後羽柴秀吉の攻撃で城は焼け落ち勝家がお市の方とともに自害します。そして、関ヶ原の合戦後、越前国北庄68万石を拝領した結城秀康が新たな築城と城下町の拡大に着手します。江戸時代の木田庄は、城下に組み入れられた北陸道筋の「木田町組」と、城下町に接する農村の「木田地方(ぢかた)」に分かれます。周辺の村々では、武家・町方をあわせ3万人を超える城下の人々に、新鮮な野菜を供給していました。

きだよりのページを見る(PDF)

明治時代の木田村誕生

 明治22年(1889)市制・町村制の施行により、山奥・花堂・木田地方・板垣・下馬の5ケ村が合併して「足羽郡木田村」が発足します。江戸時代の木田町組や木田地方の都市化した部分は福井市の領域となり、木田地方の農村部が木田村に属することとなります。当時、大町村と大町別所村は六條村でした。福井県足羽郡誌に『村名は在郷の名を採りしなり、また、木田といふ名称は土地低くして池沼多きため木をおき苗を植えたるより称せしといひ伝わるも信ずるに足らず』と書かれています。

きだよりのページを見る(PDF)

木田村の人々の暮し

 明治7年の木田村の戸数は、下馬101板垣107木田地方は不明、六條村の大町36大町別所46。明治26年の調査では戸数506人口2,833でした。平成30年の世帯数5347、人口14812と比較すると120年余りで世帯数はおよそ10倍に増えたことになります。木田村の北陸道に沿った木田地方では商業が発展し、下馬や板垣、大町や大町別所では田圃が広がっていました。明治44年の村の農業生産を見ると、米7,355石、大根17.5万貫、大麻715貫で、近郊農業として大根・かぶらなどの栽培や乳業(木田地方に柴田牧場)、養鶏が盛んでした。

きだよりのページを見る(PDF)

初代杉田村長の功績

 木田村の初代村長となった杉田惟衛(これえ)は、「何とかして村立の小学校を」と思い、明治23年、自分の屋敷に「簡易科木田小学校」を建てました。当時、小学校に就学する子どもたちが6割程度であったため学校の創立が急がれていたのです。敷地は福井藩の家老職であった杉田家の下屋敷を、村のために売却したものでした。当時の学校の写真にうっそうと樹々が生い茂っているのは下屋敷の老木がそのまま残っていたものでした。

きだよりのページを見る(PDF)

木田尋常小学校の創立

 木田小学校は、明治5年(1872)の学制領布によって、みのり2丁目の福井本山(中野本山)専照寺を借りて開校したことに始まります。その後、明治22年に市制・町村制が施行され「木田村」が誕生。明治27年(1894)に「木田尋常小学校」が創立されました。木田地方にあった「木田尋常小学校」の跡地は、春日2丁目の春日郵便局付近で現在石碑が建っています。初代校長として着任した斉藤巧界は、式の時以外は常に黒い詰襟の洋服で、立派な八の字のひげをはやし威厳をそなえていたそうです。

きだよりのページを見る(PDF)